タイムレコーダーにはどんなメリットとデメリットがあるのか


タイムレコーダーのメリットとは?

従業員の出勤や退勤の記録に役立つタイムレコーダーには、様々なメリットがあります。まず、いちいち管理者が紙の帳簿に記録しなくても、従業員の日々の勤怠管理が可能なこと。個々の勤務時間を一覧で把握できる上、給与計算の際にもそれをスムーズに反映させることができます。また出勤時や退勤時に従業員自らが打刻するだけで記録できる容易さも、タイムレコーダーのメリットと言えるでしょう。

タイムレコーダーのデメリットは?

タイムレコーダーの小型化が進んでいるとはいえ、やはり設置場所は必要です。狭い職場の場合には、これがデメリットになることがあります。また従業員自らに打刻を委ねているので、勤務時間を自分に都合よく延長や短縮したり、他人に代理してもらって改ざんするなど、様々な不正が考えられます。さらに旧式のタイムレコーダーで特にいえるのが、勤務時間の集計に時間を費やすこと。旧式は紙のカードに打刻するため、給与計算など際には、さらに別の記録用紙や帳簿類に転記しなければならないケースも。社員の人数が多い職場では、かなり膨大な時間や労力がかかってしまいます。

ただし、ICカードや指紋認証タイプの最新のタイムレコーダーであれば、PCと連携できるので、計算の負担もかなり軽減することができます。社員の出勤や退勤の記録がリアルタイムでPCサーバーへ送られ、給与計算等で必要になれば、そのままPC上のソフトに反映させることが可能だからです。勤怠管理システムで勤務時間を自動計算し、経理ソフトと連携する職場も今では珍しくありません。

タイムレコーダーとは出退勤時間を記録する機器です。職場に導入すれば、勤務時間を正確に管理することができます。