倉庫の賢い活用はロジスティクスの基本です


倉庫は備品や在庫を保管する大事な場所です

企業の倉庫には、数々の備品や在庫が保管されています。普段のデスクワークでは不要でも、年に何度かは必ず利用する備品などは不用品とは言えません。倉庫内で正しく保管しておかなければいけませんし、在庫もまた然りです。在庫を抱えないビジネスモデルが流行っていますが、企業として安定したビジネスを継続するためには、ある程度の在庫数が必須です。クライアントから突然の大型注文が飛び込んできた時、あまりにも在庫数を減らしすぎていると、せっかくのビジネスチャンスを台無しにします。経営のスリム化は大事ですが、無暗に在庫数を削ったり、倉庫の縮小を図るのは悪手でしょう。むしろネットビジネスが全盛期を迎える昨今、今まで以上に倉庫の賢い使い方が経営者に求められています。

在庫管理をスマートに

在庫管理はロジスティクスの基本であり、データとリアルの状況を一致させる事が大事です。パソコンデータの上では在庫が潤沢にあると表示されていたのに、庫内の様子をいざ確認したら、在庫が少量になっていた、このようなトラブルは現実に珍しくはありません。対策としては、現場と職場のデータをリアルタイムで連動させるシステムを実装する事です。倉庫のスタッフが、アナログ的な手法で在庫管理をすると、しばしばヒューマンエラーが発生し、商品の数や内容、そして状態がデータと合わなくなります。デジタル的に在庫管理ができる仕組みを導入すれば、在庫の紛失や確認ミスなども減り、ロジスティクスの安定感が増します。

3PLでは、個別の物流サービスはもちろん、物流全体を一括して請け負い、生産から販売まで物流全体の効率化も実現します。