新入社員になると受けることになる?社員研修の内容とは!


通信教育と連動した社員研修がある!

新入社員として会社で働き始める前に、社会人としての基礎を学ぶための社員研修を受けることがあります。その中には、通信教育と組み合わせて作られた社員研修があります。

まずは新社会人として知っておきたい基本情報や、ビジネスの仕方などについてのテキストが配られて、各自が読み込んでいきます。

「社会人とは何か」「仕事をする上での心得」など、学生と社会人との違いについて学んだり、どのような気持ちで仕事に向かえばいいかなど、大切な心得をテキストを通じて学びます。

学生時代には知らなかったような、社会人としての基本姿勢を学べる良い機会になるでしょう。

実践演習を通じて、テキスト内容をさらに理解する!

テキストを使った通信教育を通じて、各々が基礎知識を身に着けた後で、新入社員が研修場所に集まります。その場では、通信教育で知った内容を、職場における実際の場面を想定しながら演習して行きます。

講師による丁寧な説明を聞き、実際の場面を想定することで、テキストを通じて得た、単なる知識が実践的な知識に高まっていくでしょう。

電話応対の方法や、メモ作成の方法など、社会人なら誰でも知っていることも、新入社員はまだ知りません。例えば実際に仕事を始めると、先輩社員のために伝言メモを作成する必要が生じますが、伝言メモ作成演習などを通じて学びます。このように実践的なことを研修を通じて学びます。

このように実地での研修と、通信教育とを組み合わせることで、効率的に社会人としての基礎を学べます。

管理職研修にかかる料金は、研修日数やカリキュラムにより大きく異なります。料金相場の目安としては、5万円から30万円程度となっています。